2014年01月27日

劇場版アイドルマスター輝きの向こう側へ!を見てきました

どうも五朗兵衛です。
帰り次第更新すると言ったな。あれは嘘だ。
さて前回言ったとおり劇場版アイドルマスターを見てきました。
ネタバレ注意ー









さてでは感想を書いてきますか
映画が始まるとすぐに765プロの面々がアイドル(魔法少女)になるような話が始まります。しばらく気づかなかったんですが765プロのお送りする新番組「生っすかレボリューション」ので映画の宣伝みたいですね。
ふぅー危うく見る映画を間違えたかと思ったぜ。ゼノ・・・いや言うまい
さて765プロの面々はTVアニメ版の後ということもあり成長していました。千早はNYに収録、美希はハリウッド、春香はベストアイドル賞受賞など皆大忙し。

そんな中ついに765プロのアリーナライブが決まりました。
山奥の町内会などでライブやってたことから長かったな(;_;)
アリーナライブではバックダンサーも入れてみる、リーダーを作るなど新しい試みを絡め面々はアリーナに向けて合宿を行います。因みにリーダーは春香さん。人気1位は伊達じゃないな(;一_一)
そういえば合宿といえばTVアニメ版で前に旅行に行った時は暇な奴>全員でした。
今は皆大忙しでPさんと律子さんががんばってスケジュールを合わせた模様。それでも途中合流組がいるのが忙しさをうまく描写できているっと感じました。
合宿所に着くとバックダンサーであるスクールアイドルたちに出会います。スクールアイドルたちの良き先輩となる765プロ。でもいくら先輩と言っても遊びたい年頃。水遊びなど充実した合宿です
でもスクールアイドル達はそんな楽観的になれません。
ライブに向けての練習も765プロの面々と技術力、体力など大きな差があります。少しでも埋めようとちょっとずつ衝突して行きます。
そして合宿最終日には大きな発表がありました。
プロデューサーが今回のアリーナライブを最後にハリウッドに研修に行くということ。動揺する面々ですがリーダーである春香がプロデューサーに最高のライブを見せてあげようとチームをまとめます。
ところでハリウッドって美希大勝利じゃないかな(≧∇≦)
あとTVアニメ版終了後知ったのですがプロデューサーさんのイメージは女子校の先生らしいです。言われてみると確かにまんまそんな感じですね。

さて合宿が終わるとライブまで日がありません。
アリーナライブに向けてのミニライブの失敗など焦るスクールアイドルの面々。そんな中ついに小さかった衝突が大きくなりスクールアイドルの春香ポジションの矢吹可奈が来なくなります。
心配する春香と来なくなった人は切り捨てて行こうとするスクールアイドルの北沢志穂。可奈からの電話で春香さんは決心します。可奈を連れてこようと・・・(;_;)

でも
ライブの練習<<来なくなった人の捜索(765プロ総出)
は熱い展開だけどやっぱトップアイドルだからか違和感がσ^_^;
ついに可奈を見つけたアイドルたちは可奈が来なくなった理由を知ります。要約すると
練習がうまくいかない>ストレスでお菓子バカぐい>デブってアイドルなんかできない

σ^_^;なんだろ。これのためにライブの練習を中断してトップアイドルが捜索してたかと思うと擁護できないぐらい酷い理由。正直自分勝手に感じる。

まぁそんな可奈ちゃんも連れてアリーナに下見に行く面々。
アリーナの広さでライブの大事さを感じ和解。
そしてアリーナライブ。新曲M@STERPIECEを披露。
(≧∇≦)・・・(°_°)え、ライブシーンって1曲歌って終了かいな;^_^A
そしてプロデューサーを送り出して終了。


総論としては良くも悪くもTVアニメ版の延長と言ったところ
千早が歌以外にもカメラに興味を持つなどアイドルたちの「成長」を感じる場面や雪歩の穴を掘る「お約束」がいい感じに出てました。
ただライブシーンの物足りなさやキャラ毎の格差は感じますね。伊織は結構見せ場があったがやよいは・・・みたいな。まぁキャラが多いので難しい部分もありますが(^_^;)

因みにクリアファイルは貴音、やよい、まみでした。
imas.jpg

ではでは〜
posted by 五朗兵衛 at 12:36| Comment(0) | イベント | このブログの読者になる | 更新情報をチェックする
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前:

メールアドレス:

ホームページアドレス:

コメント: